ニュースリリース

ホーム > 新着情報/プレスリリース > 2018年 プレスリリース

プレスリリース

2018年2月8日

報道関係各位

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムの卒業生がアドバイス
親子でつくろう!非常持ち出し袋ワークショップ開催のお知らせ

 ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ*1(本社:東京都千代田区、以下ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、このたび、「TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム」卒業生によるイベント、「親子でつくろう!非常持ち出し袋ワークショップ」に協賛することになりましたのでお知らせします。

 ワークショップでは、東日本大震災を経験し、現在東北で看護職を目指す学生5名が、TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムでの2週間の米国スタディツアーで学んだストレス(メンタル)ケアの重要性などについても、わかりやすく、楽しくお伝えします。

 また、宮城県石巻市で活動するNPO法人「石巻復興支援ネットワーク」代表理事 兼子佳恵(かねこよしえ)氏より、震災当時母親として感じたこと、NPO活動を通じて震災直後から支援活動する中で気付いたことなどについて、お話をうかがいます。

【イベント概要】

名称親子でつくろう!非常持ち出し袋ワークショップ
日時2018年2月24日(土)13:15受付開始、 13:30開始 、15:00終了(予定)
場所毎日メディアカフェ外部サイト
毎日新聞東京本社
〒100-8051東京都千代田区ーツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
電話03-3212-0321(代表)
定員10組の親子 (大人+小学校3年生以上の子ども 計3名まで)
申込毎日メディアカフェ ウェブサイト外部サイト
内容非常持ち出し袋ワークショップ、避難食の試食など
その他参加者には、1家族に1つ、「無事かえるキッズリュック」*2をプレゼント
主催毎日メディアカフェ
企画TOMODACHIイニシアチブ*3 (TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム」卒業生)
協賛ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムでのトレーニングの様子

【お話:兼子 佳恵(かねこ・よしえ)氏】

特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク 代表理事
1999年「イッツ・ナウ・オア・ネバー」という団体を設立し、子ども対象の環境教育活動のサポートを始める。
2009年2月に名称を「環境と子どもを考える会」とし、子どもが笑顔になるイベントの開催、街づくりに問題提起する講演会等を企画運営。現在の「石巻復興支援ネットワーク」は震災後に立ち上げた。
石巻市震災復興推進委員・石巻市協働教育推進委員、みやぎ連携復興センター理事、宮城県中小企業家同友会石巻支部副支部長、中央大学法学部非常勤講師、「仮設住宅の再編等に係る子供の学習支援によるコミュニティ復興支援事業」を活用した事業に係る評価・検証委員会委員等を兼任。

【本件に関するお問い合わせ先】

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
メディカル カンパニー PRESS@ITS.JNJ.com

【ジョンソン・エンド・ジョンソンについて】

私たちジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、私たちはすべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちの想いと科学の力、そして創造力を一つにして、ヘルスケアの在り方を根本から変えるべく取り組んでいます。

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2018