正しい手洗い

  • INDEX
  • 正しい手洗い・・・とは?
  • みんなが気になるよくある質問

正しい手洗い・・・とは?

手は、日常生活の中でもっともよく使われる「道具」の1つです。そして手をおおっている皮膚は、抵抗力があり、細菌などの有害な微生物の侵入を防いでくれます。では、どうような状態が手にとって一番望ましいのでしょうか? 念入りに洗う方もいれば、余りよく洗っていない方もいますが・・・

目次

基本的な手洗いの手順

手に付いているバイ菌の数を減らすには、流水ですすぐだけでは十分とは言えません。水での単純な手洗いを行う程度では菌を落とすことは難しいのですが、石けんや洗浄剤を用いることで適切に落とすことができます。ここで基本的な手洗い方法を確認して毎日の習慣にしましょう。

1. 流水で手を湿らせ、石けんあるいは洗浄剤を用いる
2. 両手のひらをよくこする3. 手の甲をこする
4. 指の間もよく洗う5. 指先は特に入念に洗う
6. 親指をにぎり洗いする7. 手首も忘れずに洗う
8. 石けんが十分落ちるまで、こすりあわせていたのと同じ時間をかけて流水ですすぐ9. ペーパータオルや清潔なタオルなどでよく拭き取り、十分に乾燥させる

アルコール製剤を使う手洗いの手順

アルコール手指消毒薬による手洗いには正しいやり方があり、メーカーによってアルコールの使い方が決まっています。少量のアルコール製剤で消毒した気分になったりせず、使用量はメーカーの指示に従いましょう。ちなみに、15秒以内に乾燥しない程度の充分量が目安です。

また、アルコール製剤の消毒効果を発揮させるにはすり込み方がとても大切です。ぬり残しがあっては意味がありませんし、アルコールが完全に揮発するまで両手をすり込む必要性があるからです。下記の正しい手順でしっかり消毒しましょう。

ただし、目に見える汚れがある場合は、まず石けんで洗ってから手指消毒薬を使うことをおすすめします。また、ノロウイルスはアルコールに対しても抵抗性があるので、ノロウイルスに対しては石けんと流水の手洗いを基本としましょう。

1. 15秒以内に乾燥しない量を手にとる2.最初に両手の指先を消毒する
3.手のひらをすり合わせる4.手の甲にすりこむ
5.指の間は根元すり込む6.親指は反対の手で包むようにしてねじる
7.最後に手首にすり込み完全に乾燥させる

ジョンソン博士のノート 〜ちょっと専門的なお話〜

手に付いている菌には、有害なものとそうでないものがあります。健康な皮膚には無数の微生物、細菌、真菌、ウィルスが存在していますが、そのほとんどは無害なので、心配する必要はありません。出生後、皮膚と共存状態にある「常在菌」と呼ばれるものは、他の微生物の侵入から身体を守ってくれ、皮膚にとって有益かつ必要な存在でさえあるのです。常在菌のほかに、皮膚に付着する細菌に「一過性細菌」というものがあります。よくニュースで取り上げられる院内感染の原因でもあるのですが、24時間以上は手に付着したまま生き続けることはありません。ちょっと怖いこれらの菌も、石けんや洗浄剤と水でしっかり洗えば、迅速かつ容易に落とすことができます。もちろん、アルコール手指消毒薬も有効です。