適正使用情報

このページは、医師の指導のもとに当社の関連製品を適正にご使用いただくための情報です。

ワンタッチウルトラビュー®

操作のステップ(動画)

操作のステップ

ワンタッチウルトラビュー® 製品画像
測定に必要なもの:自己検査用グルコース測定器・試験紙・採血用穿刺針・穿刺器具
器具の準備、穿刺、測定は清潔な状態で実施しましょう
手を洗う様子 写真

手洗いをし、水分をよくふき取ります。穿刺部分を消毒し完全に乾かします。

水や汗等が測定器やセンサーに付着すると故障やエラーの原因となる恐れがあります。

ステップ1. 穿刺器具の準備
1

深度調整ダイアルを回して、穿刺深度を調整します。

2

保護キャップをもって穿刺針を穿刺器具に取り付けてください。

3

穿刺針の取り付けが完了すると、穿刺器具の確認窓が黄色になります。

4

保護キャップをねじって取りはずしてください。
(取りはずした保護キャップはすぐに廃棄してください)

ステップ2. 測定器の準備
1

センサーを挿入して測定器の電源を入れます。
※まっすぐにしっかり奥まで挿入してください。
※センサーを挿入すると自動的に電源が入ります。
(注意)時刻によって画面の図が異なります。

2

画面の絵のコード番号がセンサーの容器の番号と一致していることを確認します。

3

血液点着画面が表示されたら準備完了です。

ステップ3. 穿刺
1

穿刺針ケースの先端を穿刺部位に押し当てて固定し、穿刺ボタンを押してください。
(穿刺すると穿刺器具の確認窓が白色になります。)

2

測定に必要な血液量(1μL以上)を確保します。

ステップ4. 測定
1

センサーの先端部に血液をつけ、黄色い確認窓が完全に血液でそまっていることを確認します。
血液とセンサーがまっすぐになるように合わせ、センサーの血液吸引部分にある細い溝に血液をつけてください。

2

約5秒後に測定結果が表示されます。

*血液量が少ない場合には「エラー5」が表示されます。
ステップ5. 後片付け
1

センサー排出レバーを押すと使用済みのセンサーが排出されます。

2

青色の取りはずしボタンを押してください。穿刺針がはずれます。

測定の注意

  • 糖尿病治療や血糖測定は必ず医師の指導・管理のもとで行い、測定結果により自己判断で糖尿病治療を中断・変更しないでください。
  • 血糖値指標により自己判断で糖尿病治療などを中断・変更しないでください。[血糖値指標の表示は、測定結果が医師の設定した血糖目標の範囲内、または範囲外であるかを示すものであり、使用者の自己判断や診断を行うものではありません。]

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 製造販売

  • ワンタッチウルトラビュー (自己検査用グルコース測定器) 承認番号:22000BZX00192000
  • LFSクイックセンサー(自己検査用グルコースキット) 承認番号:21400AMY00194000

株式会社旭ポリスライダー 製造販売

  • ワンタッチペン(採血用穿刺器具)届出番号:33B2X00002000003
  • ワンタッチペンランセット(単回使用自動ランセット)認証番号:221AFBZX00044000

製品に関するお問い合わせは、コールセンターまでご連絡ください。

お問い合わせ 〉 コールセンター

  • 患者さま向け情報
  • 適正使用情報
  • ワンタッチウルトラビュー®
  • ワンタッチウルトラ™
  • ワンタッチコールセンター
  • 糖尿病について
  • 糖尿病関連情報 (リンク)
  • ライフスキャン事業部について
  • 医療従事者向け情報 製品情報、患者さま用資材のご紹介などを掲載しています。
糖尿病について

糖尿病とはどんな病気かな?糖尿病と歯周病との意外な関係についてご紹介しています。

糖尿病について
  • 笑顔のそばに
  • ジョンソン博士のやさしい医療講座
  • 災害マニュアル
  • 携帯版災害生活のセルフケア
最終更新日:2011年2月4日