Johnson & Johnson

笑顔のそばに 患者さんたちのストーリー 「生きている」その実感を再び

Play Moive

思うようにプレーできない状態に葛藤する日々

私にとってボウリングは、
“趣味”というより“生きがい”。
だから、膝が痛くなったときも、
ボウリングをやめようとは思いませんでした。

でも、最初は右膝だけだった痛みが、左膝へ、
さらに腰へと広がっていって・・・
思い通りにボールを投げられない自分が歯がゆくて、
悔しい思いをしていました。

「大丈夫だよ」の一言に勇気づけられて

手術するまでは、自分と葛藤しました。
でも、やって良かったと実感しています。
最初に右膝を、1年後に左膝も手術して、
術後半年でボウリングを再開。

以前と同じように投げられるのか、
また痛くなるかもしれない・・・
1投目を投げるまでは不安でしたが、
担当医の「大丈夫だよ」という言葉を思い出し、
自信を持ってボールを投げることができました。

1度きりの人生、好きなことを思うように続けていきたい

手術をして5年。
今も痛みがなかった頃と同じように、
ボウリングを楽しんでいます。

痛みのせいで自分の好きなことが
思うようにできないなんて、
人生、もったいないですものね。

私の場合は、ボウリングができなければ
生きている意味がないですよ。
だって、“生きがい”なんですから。

Love my Life ジョンソン・エンド・ジョンソンは、医療の未来に貢献することで、人々の大切な想いを応援し続けます。

※患者さんの治療の状態や痛みの感じ方などには、個人差がございます。

患者さんたちのストーリートップへ