Johnson & Johnson

笑顔のそばに 患者さんたちのストーリー 人生は、まだ終わらない。自らの病に立ち向かう医師の決断。

動画を再生する

ひざの痛みに苦しむ、すべての患者さんに知っていただきたい

変形性ひざ関節症。それが、現役の産婦人科医である男性が、
患者として診断された病名だ。
彼は、「好きなゴルフをやりすぎたんです」と言って力なく笑う。
痛みがひどくなると、仕事以外の時間はベッドで寝たきりの状態に。
次第に筋力は低下し、気力までもが失われていく。
それまで自覚しなかった老いを強く感じるようになり、
このまま人生が終わってしまうのではと
恐怖を感じるようにまでなっていた。

またゴルフができるようになりたい。
医師という職業柄、「手術をしよう」という決断は早かった。

いつでも、患者さんと真摯に向き合う主治医

患者さんの不安を和らげ、安心して治療を受けられるように

2018年2月。手術の前日、病室には奥様の姿があった。
夫が痛みで苦しむ姿を見てきた。
「元気なときは、ほとんど家にいなかったのだから、
ちょっと痛いのもいいかな…」
長年連れ添った夫婦だからこそ言える冗談で和ませる。
「治ったら、一緒の時間をもらえるのかな」と笑顔を見せると、
「元気になったら旅行へ行こう」と男性も笑顔で返していた。

翌日の手術に向けて、夫を見舞い励ます奥様

患者さんを含めたチームとして治療する

主治医によると、投薬や保存療法など、
他の治療法で痛みの改善が見られないので、
人工関節の手術を勧めた、という。

患者さんが手術を受けたいと言うときこそ、手術をするタイミング。
痛みを我慢して生活している方には、
是非専門医に相談してもらいたい、という想いがある。

この想いを、治療にあたるすべてのスタッフが共有することで、
診察・手術・リハビリまでトータルでケアする
「チーム医療」の体制を機能させる。
人工ひざ関節手術の当日、手術室へ向かう男性に対して
丁寧な説明が成されていた。

主治医と共に患者さんをケアする医師や看護師たち

手術は無事に終わった。そして…

数日後、
真剣にリハビリに取り組む男性の姿があった。
時間をかけて。自分のペースで。
理学療法士は、患者さんの声に耳を傾けながら、真摯に向き合う。
痛みがなくなり、退院当日には心からの笑顔で帰っていただくために。
人工関節の手術をして、本当に良かったと思っていただくために…

退院後、患者の男性は、医師として現場に復帰。
そして、2018年5月、再びゴルフを始めることができた。
ひざの痛みから解放され、晴天の下、
生きがいであるゴルフを存分に楽しんだという。

リハビリは、理学療法士の指導のもと適正に行われる

あたりまえだった日常を取り戻すことを、あきらめてほしくない。
それが、私たちジョンソン・エンド・ジョンソンの想いです。
今回、「チーム医療」が実現するひとつの未来を、
患者の男性、その家族、
そして治療にあたるすべての医療従事者が見せてくれました。

“ All for Patients ~すべては患者さんのために

この想いを、私たちは、これからも応援しつづけます。

※患者さんの状態や感じ方、治療内容は個人差があります。
診断、治療については医師にご相談ください。

患者さんたちのストーリートップへ

患者さんの想い・葛藤を
動画でご覧ください