ジョンソン・エンド・ジョンソン
医療従事者向けトレーニング施設「東京サイエンスセンター」開設1年
〜 国内外からの来場者数が2万2,000人を突破 〜

2015年9月3日

報道関係各位

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカル カンパニー

ジョンソン・エンド・ジョンソン
医療従事者向けトレーニング施設「東京サイエンスセンター」開設1年
〜 国内外からの来場者数が2万2,000人を突破 〜

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:日色 保、以下J&:J)が開設した医療従事者向けのトレーニング施設「東京サイエンスセンター(所在地:神奈川県川崎市、以下TSC)」が今年8月6日に1周年を迎えました。

TSCは、国家戦略特区にも指定されている殿町国際戦略拠点「キング スカイフロント」内に位置し、低侵襲の外科手術シミュレーション装置、心臓・血管系疾患治療・筋骨格系治療トレーニングのシミュレーター、遠隔映像カンファレンスシステムなど先進的な医療設備を擁しています。

東京サイエンスセンター外観

TSCの来場者数は2015年7月末時点で2万2,000人を突破し、開設1年間で当初の見込みの1万人超を大きく上回る方々にご利用いただきました。この背景には、患者さんの負担が少ない内視鏡外科手術が普及し、その医療機器やトレーニングに関心を持つ医療従事者が増加していることが挙げられます。内視鏡外科手術の症例数は、2003年の年間約6万件から2013年には約18万件*と、10年間で約3倍に増加しました。特に開腹手術より難度が高いとされる腹腔鏡手術では、安全で適切な手技を身に付けるトレーニングの需要が高まっていますが、TSCでは日本の企業と共同で精巧な模擬臓器を開発し、実臨床と同様の訓練ができる環境を整えています。

  • *日本内視鏡外科学会「第12回内視鏡外科手術に関するアンケート調査」(2014年9月)結果より

中国の医師向けの研修の様子

来場した医師の診療科別では、直接手術に携わる機会の多い一般外科が最多となりました。一方、5割近くがそれ以外の診療科で、整形外科、脳神経外科、産婦人科、心臓外科、胸部外科、泌尿器科、循環器科、糖尿病科など多岐にわたりました。TSCはあらゆる領域を網羅した製品群を持つJ&Jのトレーニング施設であることから、腹腔鏡、胸腔鏡向けプログラムをはじめ、X線を使った整形外科のプログラムや心臓カテーテル室と呼ばれるX線の造影装置を使った血管内治療のプログラム、糖尿病のケア推進の研修など、さまざまなトレーニングを提供しています。こうした特性が多様な診療科の医師の受け入れにつながっています。

また、来場した医療従事者の職種別でみると、医師以外に、看護師などのコメディカルが3割弱を占めました。昨今、総合的な医療を実践するチーム医療の重要性が叫ばれていますが、複雑化、高度化する医療機器を使用した治療では、医師とコメディカルの連携は欠かせなくなっており、TSCの先進的な設備と多様なプログラムがこのようなニーズに応えています。

来場者の地域別では、国内は北海道から沖縄まで全国から、また海外もアジアを中心に幅広く来訪いただきました。これは羽田空港からアクセスの良いキング スカイフロントの立地条件と、TSCが独自のインターナショナルプログラムを国内外の医療従事者向けに実施していることが要因として挙げられます。また、日本の外科医の技術は世界的にも評価が高く、日本の技術を学びたいとアジアからトレーニングを希望される医師が多く、TSCでは、アジアと日本の医師・研究者が交流し、学べるプログラムを英語で提供しています。

TSCは今後も多岐にわたる医療従事者向けプログラムを通して、医療機器の安全適正使用を推進し、ひいては患者さんが高度な医療を安心して受けられるよう支援してまいります。

【ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 プロフェッショナルエデュケーション 公式ページ】

東京サイエンスセンターの開設1年にあたり、プロフェッショナルエデュケーションのページをリニューアルオープンしました。

http://www.jnj.co.jp/group/profed/

【施設概要】

名称 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 東京サイエンスセンター(TSC)
住所 神奈川県川崎市川崎区殿町3丁目25-19
敷地面積 2,942㎡
延床面積 約4,858㎡
センター長 後藤 肇克(としかつ)
階数 地上4階建て
竣工年月日 2014年5月16日竣工、2014年8月6日本格稼働
(2015年3月19日 「第21回川崎市都市景観形成協力者表彰」を受賞)
施設内設備 手術シミュレーションルーム、セミナールーム
職員数 約20名
設立理念 J&Jの提供する、より良い医療機器・医療技術を通じて日本の医療従事者の繊細な手技や先進的な医療技術に関する知識を共有し、国内外に向けて発信することで、日本、さらにはアジアにおけるライフイノベーションに貢献する拠点として活用する

本件に関するお問い合わせ先

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカル カンパニー
コミュニケーション部