Johnson & Johnson

コンパクトなのに、見やすい、わかりやすい
血糖自己測定器「ワンタッチベリオ®IQ」、12月11日販売開始
~過去の測定結果に基づき、血糖値が低めや高めになりやすい時間帯をお知らせ~

報道関係各位

2015年12月11日
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
メディカル カンパニー

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:日色 保、以下J&J)は、糖尿病患者さん向け血糖自己測定器「ワンタッチベリオ®IQ」を2015年12月11日から販売いたします。
日本の糖尿病有病者(糖尿病が強く疑われる人)の割合は男性が16.2%と約6人に1人、女性でも9.2%を占めています*1。糖尿病治療では、手足の感覚障害や視力低下、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を予防するために血糖コントロールが重要で、なかでも死に至るリスクをもたらす可能性がある低血糖を避けることが求められています*2。米国糖尿病学会が発表した研究結果によると、50%以上の低血糖は血糖自己測定値の分析から予測できることが示唆されています*3

今回発売する「ワンタッチベリオ®IQ」は、患者さんが血糖コントロールを無理なく継続できるように、外出時等どのようなシーンでも手軽に血糖値の測定ができることをコンセプトに開発されました。「出かける時に測定器が邪魔になる」、「測定時は周りの目が気になる」といった患者さんの悩みを解決するため、従来の血糖測定器には見られなかったスタイリッシュなデザインを採用し、持ち運びに便利なコンパクトサイズに一新しました。一般的に、コンパクトになると表示画面も小さく見づらくなることがありますが、「ワンタッチベリオ®IQ」ではこれまでと同様に数値や記号だけでなく、日本語で文字を大きくはっきり表記することにこだわりました。これにより誤認を防ぎ、使いやすい表示機能を維持しています。
また、「ワンタッチベリオ®IQ」では1回の充電で約3~4ヵ月間測定が可能な充電式電池*4を初めて採用したほか、センサー挿入口にはLEDライトを設置しました。夜間など薄暗い環境でも指先を明るく照らすことができるようにするなど、患者さんのさまざまなニーズに配慮しています。

このほか、過去の測定結果から患者さん自身の血糖値の傾向を自動で検出し、低血糖や高血糖になりやすい時間帯をお知らせする「パターンメッセージ機能」を新たに搭載しました。例えば「低血糖を起こしたくない」、「低血糖が怖くて多めに食べてしまう」といった思いを持つ患者さんにおいては、「ワンタッチベリオ®IQ」を使って血糖値の「低めパターン」を知ることで、自身の生活行動を変えるきっかけとなり、より良い血糖コントロールをサポートします。
J&Jライフスキャン事業部では、2015年1月に、よりシンプルな操作と少ない血液量で血糖測定が可能な「ワンタッチべリオビュー®」を発売しました。このたびの「ワンタッチベリオ®IQ」と合わせ、一人でも多くの糖尿病患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上を支援するとともに、患者さんを支える医療従事者の方々にさらなる貢献ができるよう引き続き尽力してまいります。

*1 厚生労働省「2013年国民健康・栄養調査」結果より
*2 (独)国立国際医療研究センター 糖尿病研究部「Severe Hypoglycaemia and Cardiovascular Disease: A Systematic Review and Meta-Analysis with Bias Analysis BMJ. 2013」より
*3 American Diabetes Association: Workgroup on Hypoglycaemia. Diabetes Care 28, No.5, 2005: 1245-1249
*4 1日2回測定の場合

<本リリースに関するお問い合わせ先>
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 
メディカル カンパニー
コミュニケーション & パブリックアフェアーズ
<製品に関するお問い合わせ先>
ワンタッチ コールセンター TEL:0120-113-903 
(24時間365日対応、携帯・PHSからも可)

【ワンタッチベリオ®IQの主な特徴】

●薄く・コンパクトな形状と使いやすさを実現

11.9mmと薄く持ち運びに便利なコンパクト設計となっています。センサーの挿入口にLEDライトを設置。患者さんの指先を明るく照らし、夜間など薄暗い環境での測定時も配慮されています。また1回の充電で、約3~4ヵ月間測定*4することができる、環境にも優しい充電池を採用しています。

●分かりやすく使いやすい日本語表示

英語表示や記号表示等では分かりにくいメッセージやエラー表示なども、日本語で表示することによって誤認を防止。高齢の患者さんにも、安心してお使いいただけます。

●見やすく分かりやすい表示画面

大きなカラー画面、白地に黒のはっきりとした文字表示で、測定結果を見やすく知らせます。逆さにしても読み間違えにくい数字表示で誤認を防止する作りとなっています。

●スマートスキャンテクノロジーが採用され、より高い精度となったワンタッチベリオ®センサー

0.4μL以上という少量の血液で測定が可能で、患者さんの穿刺時の痛みを軽減しました。弊社独自の測定技術スマートスキャンテクノロジーによって、5秒間に電子量を500回検出し、ヘマトクリットの影響や干渉物質の影響を補正し測定結果を出すことで、高精度の血糖測定が可能になりました。測定精度は、国際認証機関により、新しいISO15197:2013に完全適合していることが認められています。

●パターンメッセージ機能を追加

血糖測定器が患者さんの測定結果に隠れたパターンを自動検出し、低め/高め*5パターンを知らせる新機能を搭載しました。「低血糖はできるだけ避けたい」、「低血糖になりやすい時間帯を把握したい」といった患者さんの声に応え、血糖値の状態をより把握しやすく、測定結果をきっかけに行動をふりかえることが可能となり、より良い血糖コントロールをサポートします。

*5 高めパターンは初期設定では表示されません。

【製品概要】

製品名 ワンタッチベリオ®IQ ワンタッチベリオ®センサー
販売名 ワンタッチベリオIQ
(自己検査用グルコース測定器)
ワンタッチベリオセンサー
(自己検査用グルコースキット)
承認番号 22700BZX00318000 22400AMX01423000
希望販売価格 8,500円(税別) 25枚 3,500円(税別)
30枚 4,200円(税別)
製造販売元 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
東京都千代田区西神田3丁目5番2号
発売日 2015年12月11日

【ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ライフスキャン事業部について】

米ジョンソン・エンド・ジョンソンのファミリーカンパニーであるライフスキャンは、1981年の創立以来、家庭用および医療機関向け血糖モニター装置の開発および製造において発展し、現在では、自己検査用グルコース測定器のリーディングカンパニーとして、世界60カ国以上で糖尿病の患者さんや医療従事者の方々のサポートを行っています。2003年には、ワンタッチ製品をお使いの患者さん向けに、24時間365日体制の「ワンタッチコールセンター」を開設しました。

<ジョンソン・エンド・ジョンソン ダイアベティス インスティテュート(JJDI)について>

医療従事者向けの糖尿病に関する最先端の教育・トレーニング施設として、2007年に開設されました。ライススタイル全般にわたるサポートが必要な糖尿病治療において、チーム医療が必須とされる中、医療従事者の方々のニーズに応じた糖尿病療養指導の実技習得やチーム医療の核となる人材育成を目指し、明日から活かせる実践的なプログラムを年間を通じて実施しています。

以上

※ 掲載されている情報は、掲載当時のものです。