ダイバーシティとインクルージョンの推進 多様性が生み出す創造力、 働く喜びを支える風土・制度

ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、「我が信条(Our Credo)」のもと、ダイバーシティとインクルージョン(D&I)を重要経営課題と位置づけています。性別・年齢・民族性・障がいの有無にかかわらず、様々な経験を持つ人材が様々な発想を活かし、対等に関わり合いながら一体化することで、革新的な製品やサービスを生み、ヘルスケアの未来へ貢献することをめざしています。

日本のジョンソン・エンド・ジョンソングループにおいても、2005年よりダイバーシティとインクルージョンの取り組みを開始し、さらに2015年には全プレジデントが参画し「ダイバーシティとインクルージョン行動宣言」を策定し公表しました。様々な人材が職場でリーダーシップを最大限発揮できる機会をより多く提供することを含め、全社員がD&Iの重要性を知り、実践できる取り組みを全体で推進していきます。

ダイバーシティとインクルージョンの推進に関する詳細はこちら
Home > About Company > ダイバーシティとインクルージョンの推進
ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017

Johnson & Johnson  グローバル キャリアサイト
  • Social Account
  • linkedIn
  • youtube