社員一覧に戻る
We are Johnsonian 社員紹介
写真

堀 善雄(ほり・よしお)

ヤンセンファーマ
<プロフィール>
大学院卒業後、2010年に入社。カスタマーセンターの管理業務や物流拠点最適化の調査・分析担当を経て、現在は基幹システム入れ替えのプロジェクトを担当。グローバルシステム導入における課題解決に従事。
 

3.11の経験で心に刻まれた
「我が信条 (Our Credo)」の精神。

Q1

どんな仕事を
しているのですか?

グローバルで統一された基幹システムの導入にあたり、既存システムの見直しを行うプロジェクトに参画しています。現在のシステムは日本国内の要件に沿って完全に作り込まれたものですが、グローバル基準に統一すると日本での業務との整合性に課題が生じます。日本独特の商習慣に対応するために調整を進めることは簡単ではありませんが、ビジネスが滞りなく継続できるシステムが構築できるように努めています。

Q2

これまでに経験した
最大の困難・チャレンジは?

現在担当しているプロジェクトが最大の困難であり、チャレンジです。課題は「言葉の壁」と「時間管理」。海外のスタッフが多いため、基本的なコミュニケーションは英語で行います。打ち合せの際は図表や文字で示すなど工夫をしていますが、細かいニュアンスまで伝わらないことが多く、悪戦苦闘の毎日。「習うより、慣れろ」の精神で、とにかく自分から一歩踏み込んだコミュニケーションを取るよう心掛けています。時間管理については、グローバルと合意したスケジュールを守るため、各タスクの優先順位を見極めることを重視。長期間にわたるプロジェクトの完遂をめざしています。

Q3

あなたにとっての
Credoストーリーを教えてください。

2011年3月に起こった東日本大震災時の対応です。当時、入社1年目の私は、オーダーセンターの管理業務を担当していました。突然の大地震で日本中が混乱状態になり、センターにも電話や注文が殺到する中、どうすれば顧客や患者さんに迅速な製品供給ができるか、届けられないのであればどのような代替策があるのか、臨機応変な対応を心掛け現場をまとめていく先輩たちの姿がありました。当社の理念、「我が信条 (Our Credo)」の第一の責任である「お客様を第一に考える行動」が体現されていること、その精神が社員一人ひとりに浸透していることを強く実感しました。

Q4

あなたにとっての
働くモチベーションは?

私にとって、働くモチベーションを与えてくれる存在は「家族」です。また、趣味で始めたムエタイもオンとオフの切り替えに役立っています。最近では試合にも出場しているので、これから大きくなる息子に勇姿を見せたいと思います!

img

子どもが
生まれたことで
仕事への
モチベーションが
一層高くなりました。

img

趣味が高じて、
試合にも参戦しています。

社員一覧に戻る
Home > 社員紹介 > 堀 善雄
ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017

Johnson & Johnson  グローバル キャリアサイト
  • Social Account
  • linkedIn
  • youtube