Johnson & Johnson

腱板断裂(けんばんだんれつ)

その肩の痛み、本当に四十肩、五十肩ですか?

肩の痛みを引き起こす病気として、もっともよく知られているのは「四十肩・五十肩」ですが、病院で検査を受けてみると「腱板断裂」と診断されることがあります。
腱板断裂は、上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう状態です。
肩に強い痛みを感じる点は、四十肩・五十肩と似ています。ところが、四十肩・五十肩は自然に軽快することがほとんどですが、腱板断裂では肩に力が入りにくく痛みがいつまでも続くことがあり、適切な治療が必要となります。

正しく知ろう!腱板断裂(ムービー)

その痛み、本当に「四十肩、五十肩」ですか?

肩の専門医のいる医療施設一覧はこちら

肩に痛みを感じたり、家族が肩を痛そうにしているなら、改善につなげるために、以下の項目をチェックしてみましょう。

肩の違和感セルフチェック

自分は「四十肩・五十肩」という自覚がある
洗髪や整髪、服を着る際に腕や肩が思うように動かず、
不自由を感じることがある
腕を挙げたときに、肩のあたりでジョリジョリとした音がする
水平より上に、腕を挙げることができない
腕は挙がるが痛みを感じる
常に肩の周りが痛い
スポーツや事故などのケガから回復しても、
肩の痛みがなくならない
思いあたるきっかけも無いのに、肩に痛みがある
夜間に肩に痛みがあり、眠れないこともある
肩だけでなく、二の腕(上腕)にも痛みがある

上記項目に一つでも当てはまる場合は、病院で正確な診断と適切な治療を受けることをおすすめします。

肩の違和感セルフチェックシートのダウンロード

病院選びのポイント

腱板断裂が起きると自然に治ることはなく、裂けた部分が少しずつ広がり、肩の機能が低下します。家事や仕事など、日常生活への影響を防ぐためにも、病院で正確な診断と適切な治療を受けることが重要です。
病院選びのポイントは、一般的な整形外科よりも「肩の専門医」を選ぶこと。下の病院検索から、あなたの近くの「肩の専門医」を探してみましょう。

肩の専門医のいる医療施設一覧はこちら

「腱板断裂」と「四十肩・五十肩」との違いとは?

いわゆる「四十肩・五十肩」の特徴は、肩の動きが悪くなり痛みを伴うことです。整髪や洗髪、また服を着る際に、肩関節がこわばって腕を動かしにくくなります。放置すると、肩の関節を包む「関節包」と呼ばれる袋が硬くなり、肩が挙がりにくくなることもあります。

一方、上腕骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう「腱板断裂」では、肩を挙げるときに力が入りにくくなったり、肩の上前面で「ジョリジョリ」という音がしたりすることがあります。肩を動かすときに痛みを感じることもあります。ただし、上記の症状には痛みを伴わない場合もありますので、自己診断せずに、病院で正確な診断を受けることが重要です。

腱板断裂は、肩関節にある腱板が裂けて起こります。ほとんどの断裂の大きさは当初はとても小さいもので、ケガをした記憶がなくても断裂が始まっていることがあります。
腱板断裂を放置すると、断裂が大きくなり症状が悪化して、家事などの日常生活に支障をきたすおそれがあります。夜間に眠れないほどの痛みを訴える人もいます。

肩の専門医のいる医療施設一覧はこちら

専門医での治療

肩に痛みを感じたり、家族が肩の痛みで悩んでいるなら、まずは整形外科を受診しましょう。
診察では、まず腕が挙がるかどうか、力が入っているかどうか、肩を動かしたときに音がするかどうか、肩の周りの筋肉の痩せがあるかどうかなどを調べます。また、レントゲン検査で肩の骨の様子を確認し、MRI(画像診断)で腱板に断裂があるかを見ていきます。その上で、保存療法や手術療法で適切に治療していきます。

保存療法
転倒などで手をつく衝撃で腱板が断裂した場合には、三角巾でしばらく安静にすると、断裂自体は治癒しないものの痛みは軽快します。
保存療法では、まず痛み止めなどの内服治療を行います。夜眠れないほど痛むようなときには、ステロイド(副腎皮質ホルモン)と麻酔剤を注射して、痛みを和らげます。痛みが軽くなったら、残っている腱板を再び元気にするための運動療法を行います。
手術療法
保存療法で改善しない場合、手術療法を受けることもできます。手術には、皮膚を小さく切って実際に断裂した腱板を見ながら治療する方法のほか、数か所の穴を空けて関節鏡と呼ばれる内視鏡を挿入して治療する方法があります。
手術の後は4週間程度の肩の固定と、その後2~3か月のリハビリテーションを行うのが一般的です。

ワンポイントアドバイス

腱板断裂は、放置すると家事や仕事などの日常生活に大きな支障が出ることがあります。また、自己判断で誤った処置をすると、かえって悪化させることもあります。
四十肩や五十肩なのか、腱板が断裂しているのかを正しく知るには、「肩の専門医」での診察をおすすめします。適切な診断と治療を受けることが、肩の痛みを治すための近道だといえるでしょう。

肩の専門医のいる医療施設一覧はこちら