糖尿病について

糖尿病と歯周病

歯周病って、どんな病気?

歯周病はプラーク (歯石)、すなわち歯に付着した細菌による感染症です。

プラークは歯と歯ぐきにつくネバネバしたもので、放置しておくと歯を支える骨が溶け、最後に歯を失うことにもなります。

進行した歯周病(歯肉炎)

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病の方は、歯周病にかかりやすく重症化しやすい!

糖尿病の方は唾液の分泌が少なくなり、プラークが付きやすくなります。

また免疫機能が低下し、細菌に対する抵抗力が落ち、感染しやすくなるので、歯周病にかかりやすく、重症化しやすいのです。

歯周病にかかると・・・

血糖コントロールに悪影響を与える恐れや、インスリンが効きにくくなる場合も!

食べ物がうまく噛めなくなることにより、偏った食品しか摂取できなくなると、血糖コントロールに悪影響を与えることになりかねません。

また、感染によりインスリンが効きにくくなり、糖尿病そのものにも悪い影響が出ると言われています。

歯を失うとどうなるの?○顔の形がかわります ○食べ物がうまく噛めなくなります ○言葉の発音がうまくできなくなります

注意するポイント !

歯の治療は、血糖コントロールに大きく影響することがありますので、注意が必要です。
日々のお手入れ、定期的な歯の検診で、予防を心がけましょう!

  • ポイントプラークコントロールで歯周病を予防しましょう。
  • ポイント入れ歯をお使いの方は、細菌が繁殖しやすいので、入れ歯をいつも清潔にしましょう。
  • ポイント禁煙を心がけましょう。ニコチンは血流を悪くさせるので、糖尿病治療にも悪影響を及ぼします。
  • ポイント歯医者さんを受診する時は、糖尿病であることを必ず伝えましょう。歯の治療は、血糖コントロールに大きく影響することがあります。
  • ポイント抜歯の際は、必ず事前に主治医に相談しましょう。抜歯すると出血が止まりにくく、感染しやすくなります。

糖尿治療や血糖測定は必ず医師の指導・管理のもとで行ない、測定結果により自己判断で糖尿病治療等などを中断・変更しないでください。

このサイトは、有害事象報告のためのものではありません。有害事象については、かかりつけの医師等にご相談ください。

  • 患者さま向け情報
  • 適正使用情報
  • ワンタッチコールセンター
  • 糖尿病について
  • 糖尿病をより良く理解するために
  • 糖尿病と歯周病
  • 糖尿病関連情報 (リンク)
  • ライフスキャン事業部について
  • 患者さま向け情報
  • ライフスキャン事業部について
  • 医療従事者向け情報 製品情報、患者さま用資材のご紹介などを掲載しています。
  • 携帯版災害生活のセルフケア
最終更新日:2011年2月4日