ストーリー
フォローする
シェア

ボランティアニュース

コントリビューション・ウィーク2015 開催
2015年9月14日・15日・17日、ジョンソン・エンド・ジョンソン東京本社にて恒例の「コントリビューション・ウィーク」が開催されました。「コントリビューション・ウィーク」とは、非営利団体の活動について社員が理解を深め、社会貢献について改めて考えるためのイベントです。今年はジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会がプロジェクトを助成している非営利団体6団体をお招きして、活動内容についてお話しいただきました。


石巻の空にそよぐ七夕飾り 川開き祭り開催
石巻市の「石巻川開き祭り」が7月31日に開幕し、中心商店街のにぎわいに花を添える七夕飾りが5年ぶりに復活しました。東日本大震災の影響で2010年夏を最後に途絶えていたこの飾りを、地元のまちづくり団体「ISHINOMAKI2.0」が商店街主体から市民参加型に衣替えし復活したものです。ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会では、この七夕飾りの作製、当日の設営までをお手伝いさせていただきました。


ボランティア月間が実施されました
2015年6月~7月の2か月間、ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会は「ボランティア月間」を実施しました。社員のボランティア活動への参加の第一歩を応援するために、ボランティア月間では全国で数多くのプログラムを企画しています。今年は個人での参加だけでなく部署やチーム有志による活動も多く、約60のボランティアプロジェクトに対し、のべ2986人の社員がボランティア活動に取り組みました。 障がいのある方の作るパンやお弁当を買ったり、途上国の子どものお手紙を翻訳したり・・・といった日常生活の中で取り込めるボランティアから、難病の子どもを支えるご家族のための滞在施設の清掃、被災地における学校再生プロジェクト・・・など、プロジェクトの種類は多岐に渡り、参加した社員からは「ボランティア月間が終わっても、ぜひ続けていきたい」といった声も寄せられています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会では、ボランティア休暇制度や、ボランティア保険加入等、社員が負担なくボランティアに参加できる様々なサポートを備え、ボランティア月間以外の期間においても、年間を通じて社員のボランティアへの積極的な参加を推進しています。


小児がんと闘う子どもの医療機器体験キッズセミナー
2014年11月15日(土)Annexビル 15F (JJDI)にて特定非営利活動法人「ジャパンハート」の「すまいるスマイルプロジェクト 」と社会貢献員会との共同企画として小児がんと闘う子どもの医療機器体験キッズセミナー』を開催。このイベントは、小児がんと闘う子どもたち、そのご兄弟姉妹を対象に、「お医者さん体験」を通じて、日ごろ自分たちが受けている治療(治療の際の医療器械による不安を払拭するため)に前向きになってもらうことを目的に実施されました。また、ドラマ「赤鼻のセンセイ」のモデルになった昭和大学の副島賢和先生による院内学級に関する特別講演も行われました。