ストーリー
フォローする
シェア

脊柱管狭窄症

expand

こんな症状はありますか?

腰や足の痛み、しびれなど、下記に示すような症状※1~3 がつらいということはありませんか?

  • しばらく歩くと下肢(太ももからふくらはぎやすねにかけて)のしびれや痛みが出て歩けなくなり、少し休むと治まってまた歩けるようになるため、歩いたり休んだりすることを繰り返す(間欠跛行)
  • 立っていると下肢のしびれや痛みがひどくなる
  • 前かがみになったり座ったりするとらくになる
  • 後ろに反る体勢がつらい
  • 腰痛はそれほど強くないが、下肢の痛みやしびれがつらい
  • しびれや痛みは足の両側にある
  • 痛みはあまりないがしびれがつらい
  • 歩くのはつらいが自転車には乗れる
  • 下肢に力が入らない
  • おしりのまわりにしびれやほてりがある
  • 便秘、頻尿、尿もれ、残尿感など、排便・排尿障害がみられる

このような症状がみられたら、「脊柱管狭窄症」かもしれません。

【間欠跛行】

expand

脊柱管狭窄症とは?

背骨は、椎骨と、それをつなぐ椎間板や黄色靭帯などで構成されており、その内側には脊髄の神経が通る「脊柱管」があります。脊柱管狭窄症とは、その脊柱管が狭くなる病気です。
50歳代から徐々に増え始め、60~70歳代に多くみられます。高齢者の10人に1人は腰部脊柱管狭窄症であり、推定患者数は約580万人といわれています※4
加齢や仕事による負担、腰の病気などにより、背骨が変形することで脊柱管が狭くなります。そのせいで、中の神経が圧迫されて血流が悪くなり、腰や足の痛み、しびれなどの症状が起こりますが、圧迫される神経の場所によって、症状の表れ方が異なります。
脊柱管狭窄症かどうかは、病歴、問診などの診察所見、画像検査などにより診断します。画像検査としては、X線(レントゲン)検査、MRI検査、CT検査、脊髄造影検査などを行います。

expand

似た症状が起こるその他の病気

脊柱管狭窄症以外の病気でも、足腰の痛みやしびれ、間欠跛行など、脊柱管狭窄症と同じような症状が起こる病気があります。画像検査などで症状の原因を正確に調べることが重要です。

椎間板ヘルニア
背骨の、骨と骨の間でクッションの役割を果たしている「椎間板」が、加齢などによって変性、断裂し、その中身が出てきて神経を圧迫する病気です。それにより、腰やおしり、足に痛みやしびれなどの症状が起こります。

末梢動脈疾患
主に下肢の動脈が狭くなったり、詰まったりして血流が悪くなる病気です。下肢の血流が悪くなるために、痛みやしびれなどが起こり、間欠跛行などの症状がみられることがあります。重症化すると足を切断しなければならなくなることもあるため、早期発見・治療が重要です。

糖尿病性神経障害
糖尿病で最も多くみられる合併症のひとつです。神経が障害されることで足のしびれや痛みなどの症状がみられ、進行すると手指のしびれや痛みなどもみられるようになります。糖尿病にかかっていて、下肢のしびれや痛みがある場合には注意が必要です。

脊柱管狭窄症の治療法

脊柱管狭窄症の治療には、「保存療法」と「手術療法」があります。

保存療法
保存療法としては、局所麻酔剤などを注射する神経ブロック、鎮痛薬や血行を促進する薬などによる薬物療法、コルセットなどを装着する装具療法、腰回りの筋力を維持して症状を緩和するためのストレッチやリハビリテーションなどがあり、症状が軽い場合は保存療法で改善することもあります。
保存療法を続けても改善しない場合や、症状が悪化して歩行や日常生活に支障を来たす場合には手術を検討します。

脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の手術には、主に、脊柱管を圧迫している骨や椎間板、靭帯などを切除して脊柱管を広げ、神経の圧迫を取り除く「除圧術」と、脊柱管を広げた後に金属やボルトで背骨を固定する「除圧固定術」があります。

◎低侵襲手術とは
近年では、内視鏡を使って手術の際の切開を最小限に抑える「低侵襲手術」も行われるようになっています。この手術の利点は、筋肉の損傷を最小限にして、出血量の低減、術後疼痛の軽減、早期離床、早期退院、早期の社会復帰が期待できることです。
一方、手術には、神経を傷つけることによる下肢の麻痺、排尿・排便障害や、感染による術後椎間板炎など、合併症が起こるリスクもあります。

【低侵襲椎体間固定術の例】
皮膚切開を最小限に抑え(通常は約4~5cm程度の創)神経の除圧と椎間板切除、人工骨の充填を行います。その後、約2cmの皮膚切開を2カ所ほど加え、X線を見ながら金属製のスクリューを刺入します。

expand


ワンポイントアドバイス

脊柱管狭窄症を予防するためには、日常生活において正しい姿勢で過ごすことが大切です。腰をまっすぐ伸ばして立つと神経の圧迫が強くなり、痛みやしびれが起こりやすくなるため、少し腰をかがめるようにして歩くといいでしょう。
脊柱管狭窄症では、圧迫の程度や自覚症状、日常生活でどのぐらい困っているかなどによって、最適な治療法が異なります。いつまでも健康に過ごすために、自己判断はせず、つらいと思う症状がある場合には早めに整形外科を受診し、治療法について相談しましょう。



参考資料
※1: 日本整形外科学会,日本脊椎脊髄病学会.腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン2011,南江堂
※2: 日本整形外科学会ホームページ「腰部脊柱管狭窄症」(2019年8月参照)
※3: 紺野慎一,日本腰痛会誌 15(1):32-38,2009.
※4: 石元優々,吉田宗人.日本医事新報 (4835):26-29,2016.

  • 販売名:T-PALシステム(滅菌)/承認番号:22500BZX00023000
  • 販売名:VIPER2 スパインシステム/承認番号:22400BZX00042000

専門情報

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫に関する情報サイト
大腸の病気のこと、治療に関する情報サイト
水頭症の症状や治療法から術前・術後ケアまで総合的にご案内
正しい知識と適切な治療で、快適な毎日を送りましょう。
特発性正常圧水頭症(INPH)という病気をご存じですか?