Skip to content
Heart icon (animated) heart icon (static)
ストーリー
新型コロナウイルスという歴史的なパンデミックに日々立ち向かう医療従事者。自然災害が多発する日本の医療現場では、災害が起きればコロナ対策と併せて難しい対応を迫られます。

TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムの卒業生で、看護師としてコロナ対応に当たる石巻赤十字病院の佐藤未佳さんと同プログラムのメンターである岩手医科大学看護学部の小松恵特任准教授に、コロナ禍で求められる災害看護について聞きました。
コロナ禍でリモートワークが広がり、対面でのコミュニケーションがとれない状況が続いています。こうした中、従業員のメンタルヘルスへの配慮がこれまで以上に重要になってきました。

10月10日は、世界メンタルヘルスデー。世界精神保健連盟(WFMH)が1992年に制定し、メンタルヘルスへの世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及させることが目的です。

心の病気は誰もがかかる可能性があります。病気になったとしても安心して働き、暮らせる社会にする。そのためには周囲の理解が欠かせません。

メンタルヘルス疾患がある従業員が自信を持って働ける環境を、上司や同僚はどうつくるのか。ジョンソン・エンド・ジョンソンの2つのストーリーを紹介します。
【J&Jクリック募金第3弾】東日本大震災のPTSDなどで、いまだ学校に行かれない子どもたちがいることを知っていますか?ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、記事を読んでくださった方1人につき20円を、被災地で不登校の子どもたちと親の支援を続けるNPO法人マザーリンク・ジャパンに寄付します。「被災地の今」を知り、支援の輪を広げませんか?
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループでは、従業員が安心して働ける環境をつくるとともに新型コロナウイルスの早期収束に少しでも貢献することを目的に、7月上旬から東京本社で職域接種を開始しました。
【J&Jクリック募金第2弾】読むだけで20円寄付できる!長引くコロナ禍で、先が見えない不安を抱えていませんか?経済的不安や人間関係などさまざまな悩みを受け止める場所の1つが、NPO法人東京メンタルヘルス・スクエアです。J&Jでは、記事を読んでくださった方1人につき20円を、東京メンタルヘルス・スクエアに寄付します。自分自身の心の健康を考えながら、支援の輪を広げませんか?
新型コロナウイルスへの感染が心配で、最近、歯科医院から足が遠のいていませんか?実は全身の健康や免疫力は、「お口の健康」から始まるともいわれています。ジョンソン・エンド・ジョンソンが4人の専門医師に効果的な口腔ケアについてききました。
口唇裂(こうしんれつ)・口蓋裂(こうがいれつ)という疾患を知っていますか?口唇(くちびる)や口蓋(口の中の天井)、上あごが裂けた状態で生まれる先天性の疾患です。日本では500人に1人の割合で出現し (*1) 、決して珍しい疾患ではありません。
LGBTQ+への差別をなくし、理解を促す「Open&Out」は、ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DE&I)推進に向けた取り組みの一環として2015年にスタートしました。その活動の軌跡と今をお届けします。
昨年4月1日に望まない受動禁煙を防止する 改正健康増進法が 全面施行され、屋内では原則禁煙となりました。新型コロナウイルスに関しては、 喫煙者は非喫煙者と比較して、感染した場合に重症となる可能性が高いこ とが指摘されています。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、禁煙の大切さについてあらためてジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーのチーフメディカルオフィサーで日本呼吸器学会専門医の久保裕司先生とジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ統括産業医で経済産業省非常勤専門アドバイザーも務める岡原伸太郎先生に聞きました。
新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言などにより引き続き自粛生活を余儀なくされる中、「テレワークやオンライン授業で一日中家に籠もる」あるいは「一日中マスクを着用した状態で働かねばならない」など、コロナ禍以前にはなかった負荷により、体だけではなく心の不調を感じる方も多いのではないでしょうか。そこで、ジョンソン・エンド・ジョンソンから、トータルヘルスケアの観点で皆様がコロナ禍を健康的に過ごすための6つのポイントをお伝えします。
5月5日は世界肺高血圧症デーです。女性に多い難病といわれているこの疾患の認知を上げ、患者さんに寄り添うためのプロジェクト「6 minutes together」の一環として、一青窈さんに「6分」という曲を書き下ろしていただきました。
子どもの誕生は、自分と家族の人生を大きく変えます。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、ワーク・ライフ・バランスの一環として、男性社員の育児休業取得を推進しています。
災害看護の未来へ。
次世代が抱く想いに寄り添う。
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 社会貢献委員会
伊藤 佐和
ヤンセンファーマ株式会社 メディカルアフェアーズ本部
坪井 圭子
赤ちゃんの素肌をやさしく守る。触れ合う温もりで笑顔を支える「ジョンソン®ベビー」のCaring。
チーム医療の一員として、
ジョンソン・エンド・ジョンソンができること。
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
プロフェッショナルエデュケーション
押谷 昌之
ジョンソン・エンド・ジョンソンアーカイブの画像提供
ジョンソン・エンド・ジョンソン100周年にあたる1986年に発刊された"A Company That Cares. One Hundred Year Illustrated History of Johnson & Johnson"の内容を再編集して紹介しています。
医師を目指す夢を後押し。
子どもたちと医療を結ぶ架け橋に。
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカルカンパニー
岩水 太地