Skip to content
Heart icon (animated) heart icon (static)
シェア

会社概要

創業1961年1月
設立1978年8月
資本金80億円
従業員数2,490名(2019年12月31日現在)
事業内容総合医療・健康関連用品の輸入・製造販売
本社所在地〒101-0065 東京都千代田区西神田3丁目5番2号
アクセスマップ
ホームページhttps://www.jnj.co.jp/
組織

社内3カンパニー制
https://www.jnj.co.jp/

Tel: 03-4411-7100(代表)
メディカルカンパニー

Tel: 03-4411-7200(代表)
ビジョンケアカンパニー

Tel: 03-4411-7500(代表)

役員代表取締役社長 玉井 孝直
代表取締役(コンシューマー カンパニー) 鶴見 晃二
代表取締役(メディカル カンパニー)玉井 孝直(兼任)
代表取締役(ビジョンケア カンパニー)森村 純
国内グループ企業エイエムオー・ジャパン株式会社
ヤンセンファーマ株式会社

日本におけるジョンソン・エンド・ジョンソンの歩み

1958年
英国J&J社総代理店コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド内に、ジョンソン・エンド・ジョンソン部を設立。

1959年
「ジョンソン®」ベビーパウダー、「ジョンソン®」ベビーオイル、救急絆創膏「バンドエイド®」を日本市場に紹介。

1961年
ジョンソン・エンド・ジョンソン・ファーイースト・インコーポレイテッド設立。
本格的な国内生産開始。「ジョンソン®」綿棒、「ジョンソン®」ベビーローションを発売。

1970年
外科向け医療品を扱うホスピタル事業開始。

1972年
福島県須賀川市に新工場完成。

1975年
手術用縫合糸・縫合針を扱うエチコン部門設立。

1978年
日本法人「ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社」を設立。
米国ジョンソン・エンド・ジョンソンと協和発酵工業株式会社とのジョイントベンチャーとして「ヤンセン協和株式会社」設立。

1981年
日本法人「オーソ・ダイアグノスティック・システムズ株式会社」設立。
ジョンソン・エンド・ジョンソン・ファーイースト・インコーポレイテッドの名称を「ジョンソン・エンド・ジョンソン ジャパン インコーポレイテッド」とする。

1983年
エチコン・ホスピタル事業部が分離独立し「ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社」を設立。

1991年
ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社、須賀川新工場完成。

1995年
オーソ・ダイアグノスティック・システムズ株式会社、日本コダック ダイアグノス株式会社と合併。社名を「オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス株式会社」に変更。

1999年
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社が合併し、現在のジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社となる。
米国ジョンソン・エンド・ジョンソンと米国デピュー社との合併により、「株式会社デピュー・ジャパン」設立。
日本セントコア株式会社が、ジョンソン・エンド・ジョンソン グループになる。

2002年
「ヤンセン協和株式会社」がジョンソン・エンド・ジョンソン100%出資となり(2001年12月)、「ヤンセンファーマ株式会社」に社名を変更。

2004年
“One Johnson & Johnson”の旗印のもとグループ各社の本社移転、集約。

2005年
株式会社デピュー・ジャパンが、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社と合併。

2006年
ファイザー株式会社コンシューマー ヘルスケア部門を事業承継。

2007年
株式会社ロバート・リード商会から、「デピュー・スパイン」などの脊椎関連製品の販売事業を移管。