ストーリー
フォローする
シェア
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
ジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーションと京都大学
早期研究シーズの発掘・育成を目的とした
非独占包括的提携の覚書を締結
ジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーションと京都大学
早期研究シーズの発掘・育成を目的とした
非独占包括的提携の覚書を締結
シェア

2018年7月2日

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ*(本社:東京都千代田区)は本日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(中国)インベストメントの一部門であるジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーション(以下「JJI」)と、京都大学大学院医学研究科(本部:京都府京都市、学長:山極 壽一)が、非独占包括的提携の覚書を締結したことを発表しました。本契約はジョンソン・エンド・ジョンソンの事業領域である医薬品、医療機器、コンシューマー製品およびビジョンケアにおける早期研究シーズの発掘と育成の加速を目的とし、2017年9月の大阪大学、2018年の東京大学センター・オブ・イノベーション自分で守る健康社会拠点に続き3例目となります。

本契約の下、JJIは、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループと協働し、日本や世界の患者さんのアンメットニーズに応える可能性のある、京都大学の有望な研究に対し、初期段階からの発掘、評価を行います。

expand

本日、京都大学で調印式が行われ、京都大学大学院医学研究科 上本伸二研究科長、寺西豊特任教授、ジョンソン・エンド・ジョンソンイノベーション ヘッドオブアジアパシフィック ダン・ワン、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社代表取締役社長 日色保、ヤンセンファーマ株式会社研究開発本部 本部長 野中健史が出席しました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンイノベーション ヘッド オブ アジアパシフィックのダン・ワンは次のように述べています。「日本は世界における重要なイノベーション拠点です。京都大学との契約により、今後の日本を始めとする世界中の患者さんに貢献するイノベーションを加速するためのグローバルネットワークの一部として、アカデミア、研究者、起業家、バイオテクノロジー企業、そしてその他のイノベーターとの連携強化が図られることになります」。

* ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループについて
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(コンシューマー カンパニー、メディカル カンパニー、ビジョンケア カンパニー)、ヤンセンファーマ株式会社で構成。http://www.jnj.co.jp/

ジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーションについて
ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーション(JJI)は、世界中のイノベーションを促進し、起業家とジョンソン・エンド・ジョンソンが協働してグローバルヘルスケアビジネスを形成できるよう取り組んでいます。JJIは、研究者、起業家、ベンチャー企業に対し、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品、医療機器およびコンシューマー部門を横断したワンストップ・アクセスを提供します。JJIの傘のもと、各地域のイノベーション・センター、JLABS、JJDCおよび事業開発チームを通じてイノベーターを結びつけ、患者さんのアンメットニーズに応えるイノベーションを加速します。詳しくは、www.jnjinnovation.comをご覧いただくか、@JNJInnovationをフォローしてください。

ジョンソン・エンド・ジョンソンについて
私たちジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、私たちはすべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちのこころと科学の力、画期的な発想力を融合させ、ヘルスケアを飛躍的に進化させるべく取り組んでいます。

本件に関するお問い合わせ先

ヤンセンファーマ株式会社 コミュニケーション&パブリックアフェアーズ部

※ 掲載されている情報は、掲載当時のものです。