ストーリー
フォローする
シェア

CSR活動

社会的責任への取り組み

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、日用品から高度な医療機器まで幅広く製品やサービスを提供し、毎日世界中で10億人以上の方々にご利用いただいています。 世界中の人々の健康に非常に大きな責任を負っているジョンソン・エンド・ジョンソンは、「我が信条(Our Credo)」の理念にもとづき、ビジネスを実践し、社会貢献を通じて地域社会に対する責任を果たせるよう努めています。

事業の知見を活かした社会貢献活動

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ キッザニア東京に「病院」パビリオンを出展。
生命の大切さを知る場をすべての子どもたちに。

expand キッザニア東京
expand キッザニア東京に「病院」パビリオンを出展

キッザニア東京・病院パビリオン出展

J&J日本法人グループでは、 東京・豊洲にあるキッザニア東京のオフィシャルスポンサーとして「病院」 パビリオンを出展しています。 パビリオンでは、 実際に医師や看護師や薬剤師、救急救命士として、 手術や赤ちゃんのお世話、 処方箋に合わせた薬の準備、 救急活動等を体験。 医療という重要な仕事を幼い頃に体験してもらうことで、 命の大切さ・ 命の重みを伝えるとともに、 自分の身体や健康への意識向上を図っています。また、 こうした仕事の意義や役割を知ることで、 子どもたちが将来を考える際の選択肢となることを期待しています。

  • 写真をシェアし、社会貢献する―Donate a Photoア プリで写真を1枚シェアするごとに、Johnson & Johnsonがあなたに代わってサポートしたいプログラムに$1寄付をします。サポート可能なプログラムは、その時々の社会的なニーズにもとづき、支援が必要と考えられる団体やプログラムを選定されています。あなたはサポートしたいプログラムを選択し、Johnson & Johnsonがそれを実現します。

JAPAN COMMUNITY IMPACT(JCI)

社員の手で進める、独自の社会貢献活動

日本法人グループ社長会の下、各社からの有志社員により運営されています。リーダーシップチームと事務局が中核となり、非営利団体(NPO等)への支援、ボランティア活動への社員の参加促進に取り組んでいます。

・活動体制