ストーリー
フォローする

笑顔のそばに 患者さんたちのストーリー

expand

医療の未来へ貢献することで、人々の大切な想いを応援したい。

患者さんやそのご家族、様々な医療従事者の方々が、人生の夢や喜びに向かって、

ひたむきに生きるストーリーを紹介しています。


expand

笑顔のそばに 患者さんたちのストーリー

【特別編】心房細動治療を経て、再び夢の頂へ〜三浦雄一郎氏の挑戦

    検診では「異常なし」でも体に異変が 動悸やめまい、立ちくらみなどの症状が月に2、3回は必ずあって、気にはなっていたんです。 しかし、健康診断でも病院で心電図検査を受けても結果は「異常なし」。 日常生活にも支障はなく、仕事に趣味に、充実した毎日を送っていました。 ところが、ある朝起きると、何かいつもと違うのです。 「今立ち上がったら倒れるな」という感覚に襲われて、救急車で病院へ。 そこで初めて心房細動と診断されました。 不安なく、自信をもって生きていきたい…その思いから専門医を受診 診断後は、ずっと薬を飲んでいました。 薬を飲むことに抵抗はなかったのですが、 また同じ症状が出るかもしれない、という不安はいつも感じていましたね。 そんなとき、知り合いから「心房細動の治療をするのに、 カテーテルアブレーションという治療方法もある」と聞き、 詳しい話を聞いてみようと専門医を訪ねました。 先生の診察や、心電図や心臓超音波などの精密検査の結果、 私が自宅で測定した簡易型心電図のデータもみていただき 先生の表情や話し方から「この先生なら信頼できる」、そう思いました。 先生は「カテーテルアブレーションの適応になると思います」と おっしゃったんですね。 より主体的に生きるために 先生からは、手術以外の治療選択肢についても説明がありましたが、 子どものことを考えると少なくともあと10年は働いていたいし、 仕事でも、やりたいことがまだまだあります。 これから年を取っていくのだから、心臓の状態が今より良くなるとは思えません。 病気がひどくなってから対処するのではなく、 ひどくならないように、できることをやっておく、 それが、より主体的に生きる方法なのではないか―― そんな思いから、カテーテルアブレーション治療を選択しました。 過去の選択の積み重ねが、今の自分をつくる これまでも、いろいろな場面でいろいろな選択をしてきて、 その結果、今の自分があると思うんです。 これから先の人生でもさまざまな出来事が起こると思いますが、 その都度、自分自身で選択していきたいですね。 心房細動とは 心房といわれる心臓のひとつの部屋が小きざみに震え、心拍のリズムが完全に不規則になる不整脈です。
    思うようにプレーできない状態に葛藤する日々 私にとってボウリングは、“趣味”というより“生きがい”。 だから、膝が痛くなったときも、 ボウリングをやめようとは思いませんでした。 でも、最初は右膝だけだった痛みが、左膝へ、 さらに腰へと広がっていって・・・ 思い通りにボールを投げられない自分が歯がゆくて、 悔しい思いをしていました。 「大丈夫だよ」の一言に勇気づけられて 手術するまでは、自分と葛藤しました。 でも、やって良かったと実感しています。 最初に右膝を、1年後に左膝も手術して、 術後半年でボウリングを再開。 以前と同じように投げられるのか、 また痛くなるかもしれない・・・ 1投目を投げるまでは不安でしたが、 担当医の「大丈夫だよ」という言葉を思い出し、 自信を持ってボールを投げることができました。 1度きりの人生、好きなことを思うように続けていきたい 手術をして5年。 今も痛みがなかった頃と同じように、 ボウリングを楽しんでいます。 痛みのせいで自分の好きなことが 思うようにできないなんて、 人生、もったいないですものね。 私の場合は、ボウリングができなければ 生きている意味がないですよ。 だって、“生きがい”なんですから。
    ダンサーにはよくある痛み・・・ そう思っていました バレエを始めたのは3歳のとき。 踊る楽しさに魅せられて、いまでは私の人生そのもの。 でも、ある時、左足の股関節に違和感が・・・ ダンサーには足首や股関節の痛みはよくあること、 病院には行かずにマッサージなどのケアをしていました。 大好きなバレエが、もう踊れない? 「手術をしなくても治せるのではないか」という、 全く根拠のない自信があったんですね。 でも、痛みで思うように踊れないことが増えてきて、 家族もとても心配してくれていたので、 当時教えていた生徒さんの勧めで専門医を受診しました。 そして、股関節の手術を決意 それまで痛みを我慢し続けてきた私に、 初めてお会いした主治医の先生が、 「今までよく頑張ったね」と・・・ その時、この先生のもとで手術を受けたら、 もう一度お稽古できるかもしれないと、手術を決意。 その結果には、びっくりしました。 「生まれ変わった足」 で私の夢はこれからも続く 手術のあと、自分が想像していた痛みがなかったんです。 まっすぐ立って足を前に出せることがすごくうれしくて、 思わず泣いてしまいました。 適切な治療を受けたことによって、 私の人生は劇的に変わりました。 もう一度ステージに立ちたい、という意欲も湧いて・・・ だから、「生まれ変わった足」を大切に、 元気な時間を取り戻せたことへの感謝を胸に、 これからも夢を追い続けたいと思います。 ※患者さんの治療の状態や痛みの感じ方などには、個人差がございます。