Skip to content
Heart icon (animated) heart icon (static)
ストーリー
シェア
ジョンソン・エンド・ジョンソンは社会課題解決プロジェクトを助成します
ジョンソン・エンド・ジョンソンは社会課題解決プロジェクトを助成します

ジョンソン・エンド・ジョンソンJAPAN COMMUNITY IMPACT(JCI)では、ヘルスケアに関する日本の様々な社会課題(高齢化、災害、マイノリティ等)に対して長期的な視点で取り組むプロジェクトへの助成を行います。

2021年度プロジェクト助成概要
2021年度プロジェクト助成概要
◆ 実施期間:
2021年12月以降に開始し、開始から最長2.5年以内に完了できるプロジェクト

◆ 助成金額:
1年間で最大1000万円まで(初年度は半年間の為500万円まで)

◆ 応募方法:
申請希望される団体様は申請希望登録フォームより事前登録(連絡先のみ)をお願いいたします。
(締切り:2021年6月27日(日)23:45)

※助成対象となるプロジェクト領域等の詳細は【2021】助成申請者向けガイドライン (ダウンロード可)をご確認ください。

JCIについて

JCIは、世界最大級のトータルヘルスケアカンパニーとして多様な事業を展開するジョンソン・エンド・ジョンソン(以下、 J&J)の日本法人グループの社員が様々な社会貢献活動に取り組む組織です。

J&Jの企業理念 「我が信条(Our Credo)」 の 第三の責任 「地域社会に対する責任」 に基づいて活動し、 日本の社会にインパクトを与え続けていきたいと考えています。有志社員によって運営され、リーダーシップチームと事務局が中核となり、非営利団体(NPO等)への支援、ボランティア活動への社員の参加促進に取り組んでいます。

J&Jの詳しい社会貢献活動については、ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献レポート2019をご参照ください。


expand 社員の手で進める独自の社会貢献活動

J&Jプロジェクト助成について

JCIは、日本の様々な社会課題に対して長期的な視点で取り組む非営利団体に対し、プロジェクトの助成を行っています。日本の様々な社会問題に焦点をあて、その根底にある原因の改善に向けて明確な目標と計画性をもって取り組むプロジェクトを本助成プログラムで支援することにより、人々が健全な精神、健康な身体を享受できる社会の実現を目指します。

【JCIのプロジェクト助成の特徴:経済的支援×人的支援】

各プロジェクトについて、最大3年間の経済的支援に加え、J&J有志社員が伴走者としてプロジェクトにボランティア参加し、ビジネススキルなどを提供する人的支援を行っています。

【J&J助成プログラムの対象となるプロジェクト領域】

ヘルスケアに関する日本の様々な社会課題(高齢化、災害、マイノリティ等)に対し、長期的な視点で取り組むプロジェクトへの助成を行います。
助成プログラムの対象となるプロジェクト領域は以下のようなものを想定しています。また裨益者が国内のプロジェクトに限ります。

  • 裨益者への教育やトレーニンング
  • 人材育成/能力向上
  • 地域や団体とのネットワーク構築

【プロジェクト実施期間】

開始から最長3年以内に完了できるプロジェクトが、本助成プログラムの対象です。
助成の見直しは1年毎に行われます。

※注意・補足事項
プロジェクトが助成対象の領域にあったとしても、その申請予算品目によっては支援できない可能性があります。支援可能な予算品目の詳細に関しては、申請ガイドライン「申請金額・品目」の注意・補足事項をご参照ください。

【プロジェクト助成審査】

申請されたプロジェクトは、一次~三次審査にかけられます。主な審査項目は下記の通りです。

一次審査(動画審査)

  • プロジェクトの内容とJCIの定める領域との整合性
  • 取り組む課題、解決手段、得られる効果の妥当性

二次審査(書類審査)

  • 団体の資質
  • プロジェクトの妥当性
  • プロジェクト予算の妥当性
  • プロジェクトの実現可能性
  • プロジェクトの裨益効果
  • プロジェクト効果の持続可能性

三次審査(プレゼンテーション)

  • プロジェクトの内容の一貫性
  • プロジェクトに対する情熱
  • 質疑応答の内容

関連ストーリー