ストーリー
フォローする
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
ジョンソン・エンド・ジョンソン、COVID-19のリードワクチン候補、
米国保健福祉省との画期的な新規提携、緊急パンデミック用に世界で
10億回分のワクチン供給を発表
ジョンソン・エンド・ジョンソン、COVID-19のリードワクチン候補、
米国保健福祉省との画期的な新規提携、緊急パンデミック用に世界で
10億回分のワクチン供給を発表
ジョンソン・エンド・ジョンソンとBARDAが共同で10億ドル超を、
新型コロナウイルスワクチンの研究開発に投入;
遅くとも2020年9月までにワクチン候補の第I相臨床試験を開始予定

ジョンソン・エンド・ジョンソンが米国に新たな製造拠点を設立するとともに、
米国以外の生産能力を強化して、世界的なワクチン供給を展開

2020年3月31日

本プレスリリースは、2020年3月30日に、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンが発表したプレスリリースを翻訳・編集し、皆さまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先します。本資料(英文)についてはこちらをご参照下さい。なお、本文中には日本未承認薬、未承認適用症に関する資料が含まれています。

ニュージャージー州ニューブランズウィック(2020年3月30日)--
ジョンソン・エンド・ジョンソンは本日、2020年1月以降取り組んでいる構成体からCOVID-19ワクチンの主要候補を選択したことを発表しました。また、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセン ファーマシューティカル カンパニーズ(以下、ヤンセン)と米国生物医学先端研究開発局(Biomedical Advanced Research and Development Authority:BARDA)との既存の提携を大幅に拡大し、10億回分を超えるワクチンを世界規模で供給することを目指して既存の製造能力を急速に拡大しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、2020年9月までに自社のリードワクチン候補の第I相臨床試験の開始を予定しており、規制当局への承認申請後、ワクチンの最初のバッチは2021年初頭に緊急用に利用可能になることを見込んでいます。これは、通常のワクチン開発プロセスと比較して大幅に期間が短縮されています。

画期的な新規提携を通じて、米国保健社会福祉省の事前準備・対応担当次官補局(ASPR)の一部であるBARDAとジョンソン・エンド・ジョンソンは、共同で10億ドルを超える投資を行い、ワクチンの研究、開発、臨床試験に共同出資しました。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、検証済みのワクチンプラットフォームを使用し、これらに重点的に取り組むために、必要に応じて人員やインフラなどのリソースを世界中に割り当てています。また、これとは別に、BARDAとジョンソン・エンド・ジョンソンは、新型コロナウイルスに対する有望な抗ウイルス治療薬を同定するため、進行中の取り組みを拡大できるよう追加の資金を提供しました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、その取り組みの一環として、米国の製造拠点の新たな設立や米国外での生産能力の拡大など、自社の世界的な製造能力を拡大しています。生産能力を拡大することで、ワクチンの迅速な生産が可能になり、10億回分を超える安全かつ効果的なワクチンを世界中で供給できるようになります。ジョンソン・エンド・ジョンソンは切迫した状況の中、生産を開始することを計画し、緊急パンデミック用に非営利目的で手の届く価格のワクチンを一般に提供すべく尽力しています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの会長兼最高経営責任者であるアレックス・ゴースキーは、次のように述べています。「世界は公衆衛生上の緊急事態に直面しており、COVID-19のワクチンをできるだけ早く、手頃な価格で、世界中で入手できるようにするという役割に全力で取り組んでいます。世界最大のヘルスケア企業として、私たちは、世界中の人々の日々の健康を向上させるという大きな責任を感じています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、科学的専門性、事業規模、財務力を組み合わせることで、このパンデミックと闘う時間を短縮するために外部関係者の方々と協力して当社のリソースを提供する体制が整っています。」

ジョンソン・エンド・ジョンソンの執行委員会副議長兼最高科学責任者であるポール・ストッフェルズ医学博士は、次のように述べています。「私たちは、当社の研究開発の取り組みに対する米国政府の信頼と支援に大きな価値を感じています。ジョンソン・エンド・ジョンソンの世界的な専門家チームは研究開発プロセスをかつてないレベルにまで引き上げており、当社チームはBARDA、提携している科学者のパートナー、世界中の保健当局とともに精力的に取り組んでいます。1月から取り組んできた構成体からリードワクチン候補を同定できたことを大変嬉しく思っています。遅くとも2020年9月までにヒトを対象とした第I相臨床試験を開始すべく、この試験と並行して拡大しているグローバルな生産能力によって、ワクチンは2021年初頭に緊急用に入手できるようになると考えています。」

ジョンソン・エンド・ジョンソンのCOVID-19のリードワクチン候補
ジョンソン・エンド・ジョンソンは2020年1月、新型コロナウイルス(COVID-19)の配列を入手するとすぐに、有望なワクチン候補を調査する取り組みを開始しました。 ヤンセンの研究チームは、ハーバード大学医学部附属病院ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンター(BIDMC)と共同で、ヤンセンのAdVac® 技術を使用して複数のワクチン候補を作製し、テストしました。
その後、複数の学術機関の科学者と共同でワクチンの構成体をテストし、前臨床試験で免疫応答を生み出すのに最も有望な構成体を同定しました。

この研究に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、最初の製造ステップに進む、COVID-19のリードワクチン候補(2つの予備候補あり)を同定しました。これを受け、2020年9月に第I相臨床試験を開始することを目指しており、安全性と有効性に関する臨床データは年末までに入手可能になる見込みです。これにより、緊急用ワクチンは2021年初頭に利用できるようになる見込みです。参考までに、通常のワクチン開発プロセスには、候補の承認プロセスの開始前にも、5年から7年にわたるさまざまな研究段階があります。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは20年以上にわたり、抗ウイルス薬とワクチンの製造設備に数十億ドルを投資してきました。COVID-19ワクチンプログラムは、新規ワクチン候補の迅速な開発と最適なワクチン候補の大量生産を可能にするヤンセンの実証されたAdVac®およびPER.C6®技術を活用しています。同技術を使用して、自社のエボラワクチンを開発・製造し、第II相または第III相の臨床開発段階にあるジカ、RSV、およびHIVワクチン候補を作製しました。

抗ウイルス研究の拡大
ワクチン開発の取り組みに加えて、BARDAとジョンソン・エンド・ジョンソンは提携拡大も行い、他の製薬会社の化合物を含む化合物ライブラリのスクリーニングにおいて、ヤンセンにおける進行中の取り組みを加速させました。これは、新型コロナウイルスに対する有望な治療薬を同定することを目的としています。 ジョンソン・エンド・ジョンソンとBARDAは共に、この提携の一環として資金提供を行っています。これらの抗ウイルススクリーニングの取り組みは、ベルギーのレガ医学研究所(ルーヴェン・カトリック大学/ルーベン大学)と共同で実施しています。

2020年2月の発表の通り、ジョンソン・エンド・ジョンソンとBARDAはグローバルパートナーと緊密に連携し、ヤンセンの抗ウイルス分子ライブラリをスクリーニングし、有望なCOVID-19治療薬の発見を加速させています。

COVID-19は、呼吸器系を攻撃するコロナウイルスと呼ばれるウイルス群に属しています。現在、COVID-19に対する承認済みのワクチンおよび治療薬はありません。

パンデミック撲滅のためのジョンソン・エンド・ジョンソンの多面的な取り組みの詳細は、www.jnj.com/coronavirusをご覧ください。


ジョンソン・エンド・ジョンソンについて
私たちジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、私たちはすべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちのこころと科学の力、画期的な発想力を融合させ、ヘルスケアを飛躍的に進化させるべく取り組んでいます。


ヤンセンについて
ヤンセンが目指すのは、病が過去のものになる未来をつくることです。
治療が困難な病を過去のものとするために、科学の力で病に打ち克ち、画期的な発想力で多くの人々に薬を届け、真心を持って癒し希望を与えます。私たちはがん、免疫疾患、精神・神経疾患、ワクチン・感染症、代謝・循環器疾患、肺高血圧症の分野で貢献ができると考え、注力しています。
ヤンセンに関する詳しい情報はwww.janssen.com/japan/をご覧ください。
www.facebook.com/JanssenJapan/をフォローしてください。

ヤンセンファーマ株式会社は、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセンファーマグループの一員です。


【本件に関するお問い合わせ先】
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
ヤンセンファーマ株式会社 コミュニケーション&パブリックアフェアーズ部 
TEL:03-4411-5046 FAX: 03-4411-5050  E-mail: JP-PR@its.jnj.com