Skip to content
Heart icon (animated) heart icon (static)
ストーリー
Page logo
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
日本における看護学生の能力開発、リーダーシップの育成を図る
「TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラム」8名の6期生を決定
日本における看護学生の能力開発、リーダーシップの育成を図る
「TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラム」8名の6期生を決定

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ※1(本社:東京都千代田区、以下、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」)は、公益財団法人米日カウンシル-ジャパン(所在地:東京都千代田区、以下、「米日カウンシル」)が運営するTOMODACHIイニシアチブ※2 (以下、「TOMODACHI」) とのパートナーシップにより企画・実施する「TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム」(以下、「本プログラム」)の第6期参加者8名(以下、「6期生」)を決定しました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界共通の行動規範「我が信条(Our Credo)」に掲げる地域社会に対する責任を果たすため、様々な社会貢献活動に取り組んでいます。その1つとして、次世代教育を通じた東日本大震災被災地復興支援というTOMODACHIの趣旨に賛同し、2015年より、日本における災害医療や看護を専攻する学生の専門知識の深化、および次世代を担うリーダーシップの育成を目的とする本プログラムを支援しています。開始後4年間は東日本大震災において特に大きな被害のあった3県(岩手県、宮城県、福島県)出身または在住の看護学生を、2019年以降は全国の看護学生を対象とし、これまでに計43名の未来の看護師に学びの機会を提供してきました。

2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大により、残念ながら本プログラムの開催を中止せざるを得ませんでしたが、2021年度はコロナ禍であっても次世代を担うリーダーを育成したいという想いから、オンラインでの実施(状況により、渡米を除いて一部対面実施の可能性あり)を決定しました。

初のオンライン開催となる本年度は、例年の3部構成※3はそのままに、10月から12月に事前研修、2月に米国機関と連携して行う米国研修、3月に事後研修とプログラムでの成果の集大成となる最終報告会の開催を予定しています。また、コロナ禍における災害支援についての事例を学ぶなど、研修内容を充実させる予定です。

本プログラム6期生の決定に伴い、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ JAPAN COMMUNITY IMPACTチェアのアンドリュー・ウィートレイは次のように述べています。「10年前の東日本大震災以降、テクノロジーもプログラムのニーズも進化し続けている中で、今年はオンラインで実施できることを嬉しく思います。全国から集まった参加者の皆さんが本プログラムでの学びを通して、災害に強い医療・看護の基盤をつくり、より良い社会環境を創造する災害看護分野のリーダーに育っていくことを楽しみにしています。」

また、米日カウンシル代表理事スザンヌ・バサラは次のように述べています。「ジョンソン・エンド・ジョンソンの多大なるご支援により、東北の災害看護の深化に取り組んできた本プログラムを、コロナ禍においても全国の意欲ある看護学生の皆さんに提供できることを大変うれしく思います。次世代のリーダーである皆さんが、プログラムを通して東日本大震災や新型コロナウイルス感染症など未曽有の事態における看護の可能性に対する理解を深め、日本の災害現場や災害医療の前線で即戦力として活躍することを期待します。」


‐記‐

「TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム」スケジュール

▼事前研修
(2021年10月23日・24日、11月13日・14日、12月11日・12日)
災害看護専門家によるワークショップ、米国研修の準備などを予定

▼米国研修
(2022年2月下旬予定)
米国における災害医療や看護を専門とする施設や団体とのオンライン上での交流・意見交換

▼事後研修および報告会
事後研修(2022年3月5・6日)
報告会(2022年3月下旬予定)
研修の学びを報告、共有

以上


※1 ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループについて:
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(コンシューマー カンパニー、メディカル カンパニー、ビジョンケア カンパニー)、ヤンセンファーマ株式会社、エイエムオー・ジャパン株式会社、株式会社ドクターシーラボで構成。

※2 TOMODACHIイニシアチブについて:
TOMODACHIイニシアチブは、東日本大震災後の復興支援から生まれ、教育、文化交流、リーダーシップといったプログラムを通して、日米の次世代のリーダーの育成を目指す公益財団法人 米日カウンシル-ジャパンと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップで、日本国政府の支援も受けています。日米関係の強化に深く関わり、互いの文化や国を理解し、より協調的で繁栄した安全な世界への貢献と、そうした世界での成功に必要な、世界中で通用する技能と国際的な視点を備えた日米の若いリーダーである「TOMODACHI世代」の育成を目指しています。

※3 本プログラムは、開始当初から2019年まで①事前研修、②米国研修、③事後研修の3部構成で実施してきました。事前研修では宮城県を訪問、米国研修ではニューヨーク州、ニュージャージー州、ワシントンD.C.の被災地や看護を専門とする施設・団体を訪問し、帰国後は米国での学びを基に、参加者各自がプロジェクトを企画・運営し、最終報告会で発表しました。

【詳細資料】
TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラム 第6期生紹介


ジョンソン・エンド・ジョンソンについて
私たちジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、私たちはすべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちのこころと科学の力、画期的な発想力を融合させ、ヘルスケアを飛躍的に進化させるべく取り組んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
コミュニケーション&パブリックアフェアーズ
JP-PR@its.jnj.com

※ 掲載されている情報は、掲載当時のものです。