ストーリー
フォローする
シェア

事後報告会

プログラムの締め括りとなる報告会は、仙台・東京・高知の3都市にて開催され、米国スタディツアーを振り返るとともに、地域や個人における今後実行可能なプランを議論しました。9月に開催した仙台報告会では、各自10分間のプレゼンテーションを通し、家族や友人、先生など日頃からお世話になっているコミュニティの方々に対し、米国スタディツアーで得た経験や想いを伝えました。東京報告会では、米国での学びについての発表の他、東北大学新災害科学国際研究所の江川新一教授も参加したパネルディスカッションで日本の抱える災害看護や医療における課題、あり方に焦点を当てました。また、高知報告会では、災害看護の分野で先進的な高知県立大学の看護学生とのグループディスカッションと交流により、地域が直面している課題を学んだ他、宮城県と高知県の学生間で議論の場を持つ事の重要性や、今後協働する方法を模索する機会となりました。

仙台・東京・高知

10月24日、25日の2日間、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の本社にて、TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラムの 参加者8名が、災害医療の専門家と会談し、米国での学びの報告や意見交換を行いました。
仙台徳洲看護専門学校2年の星いくみ氏は「将来は看護師として、災害が起きた後の、ストレスによる関連死を少しでも減らしていきたい」と述べ、更にニューヨークで実感したメンタルヘルスの重要性を胸に、看護職に就いて多くの人を助けたいと語り、会場から大きな拍手が送られました。
第2部シンポジウムについて
第2部シンポジウムについて
本プログラムは 、東北の災害医療を専攻する看護学生の能力育成と、リーダーシップの構築を図ることを目的に、日本のジョンソン・エンド・ジョンソン・グループとTOMODACHIイニシアチブのパートナーシップにより企画・運営しているプログラムです。初年度となる2015年は、宮城県より8名の看護学生が選出され、参加しています。日本での事前研修、ニューヨークとワシントンD.C.を訪問したスタディツアー、帰国後の報告会という三部構成で展開されています。

プログラムの締め括りとなる報告会は、仙台・東京・高知の3都市にて開催され、米国スタディツアーを振り返るとともに、今後実行可能なプランを議論しました。9月に開催した仙台報告会では、各自10分間のプレゼンテーションを通し、家族や友人、先生など日頃からお世話になっているコミュニティの方々に対し、米国スタディツアーで得た経験や想いを伝えました。東京報告会では、米国での学びの他、日本の抱える災害看護や医療における課題、あり方に焦点を当てました。また、高知報告会では、災害看護の分野で先進的な高知県立大学の看護学生との交流により、地域が直面している課題を学んだ他、宮城県と高知県の学生間で議論の場を持つ事の重要性や、今後協働する方法を模索する機会となりました。
サイコロジカル・ファースト・エイド(PFA)を通じてメンタルヘルスの将来を学び、地域コミュニティへの貢献を考える
サイコロジカル・ファースト・エイド(PFA)を通じてメンタルヘルスの将来を学び、地域コミュニティへの貢献を考える
日本におけるメンタルヘルスに対する教育の必要性を捉え、宮城県教育委員会緊急派遣スクールカウンセラーの岡田太陽氏を講師としてお招きし、災害における復元力(レジリエンス)と持続力に焦点を当てた、サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)のワークショップを実施しました。ワークショップ終了後には、一人ひとりに岡田氏より修了証が手渡されました。その中で、災害時外部の者が地域コミュニティに入る際の留意点、また効果的な方法として、「突然相手を質問攻めにするのではなく、世間話から始める必要がある。」と自身の経験を交えてお話いただきました。また、ワークショップでは、患者と看護師の1対1でペアを組み、看護師が患者の症状を読み取っていくというロールプレイを行いました。「自分の経験していない患者さんの悩みに、どこまで共感するべきなのか悩んだ」と参加者の気仙沼市立病院附属看護専門学校2年の小野寺奈央氏が感想を述べました。

その後実施したTOMODACHIワークショップでは、米国スタディツアーを経て、自身に起こった変化、また災害にまけないコミュニティをつくる為に、どのように貢献していきたいかの2点を考え、参加者間で各自の目標を共有しました。「災害が起きていない時から、自らが皆の交差点となってコミュニティ形成に携わりたい。」と話す国立病院機構仙台医療センター附属仙台看護助産学校3年の三浦万理氏からは、その決意が伺えました。
主な学びや教訓を発表
主な学びや教訓を発表
2日目は、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社本社において、報告会としてプレゼンテーションと交流会を実施し、災害看護に関心を持つ一般参加を含む50名が出席しました。日色保代表取締役社長が登壇し、わずか半年間という短い間に大きな成長を遂げた参加学生を称えました。

東北大学新災害科学国際研究所 災害医療国際協力学分野 江川新一教授は、基調講演で「(防災を)災害というクラスターだけで議論するのではなく、健康と一緒に複合的なアプローチで対策がとられるべきである。」と日本の災害看護の課題に言及しました。
その後、江川新一教授、小松恵教員、宮城大学看護学部看護学科4年の藤沢爽風氏、石巻赤十字看護専門学校2年の宮川菜津美氏、そしてファシリテータとして菅原準一教授を迎え、パネルディスカッションが行われました。質疑応答では、継続的な災害対策を講じるには国のリーダーシップが不可欠であること、災害発生時前からコミュニティ内での繋がりを強化する重要性などが議論されました。
今後のステップ
今後のステップ
報告会の最後には、東京での2日間を振り返り、参加学生たちが米国スタディツアーでの学びを今後にどう活かしていくか話し合いました。
「米国では、正しい知識があれば看護師として十分なケアが可能だと学んだ。自分も、正しい情報を捉えれば、看護師として十分に貢献できると確信した。」と話す仙台青葉学院短期大学3年の菅原麻里菜氏の目は希望に満ちていました。

アンケート

  • 今回のプログラムに参加し、報告会やワークショップを行うことでアメリカでの学びを振り帰り再確認したことで自分の目指すものや将来像が明確になった。どんな看護をしたいのか、また、できるのか考えるきっかけにもなった。災害看護やメンタスヘルスについては学校の授業以上に詳しく、実践的に学べたのでこれら培ったものを今後の勉強や実習、更なる自分の学びを応用化できるように活かしていきたい。
  • このプログラムの学びを、保健師として活動する際に被災地や災害公営住宅に住む住民の方々間の交流やこころのケアをしていく場面、災害訓練の際の計画を立てていく際などに役立てていきたい。自分自身が研修を通して学び考えたことも、他のメンバーや看護職の仲間、他の職種の方などと協力しながら実現できるようにしたい。
  • 学生だからといって何も出来ないのではなく、自分がしたいと思ったことを形にしていくことが大切だと学びました。今後は、このプログラムを通して知り合った多くの人を大切にし、自分が何かを始めたい時、友人が新しいことにチャレンジする時は積極的に参加し、自分の周りの人やりたいことをアピールして一緒にやってくれる人を多く集めたいです。
  • スケジュールが盛りだくさんで学校の課題との両立は大変な時期が正直ありました。ただ、全看護学生の代表としてこのチャンスをいただけたと思っているので、その責任をしっかりと受け止め自分にできることをやりました。米国研修に行く前にしっかり訪問先のこと、米国で起こった災害のことを調べて予備知識を持っておくべきだったと反省していますが、すべてにおいて準備が重要であることを学んだので今後に活かします。
  • 米国研修中はインプットが多く自分の中で消化することが難しいと感じることが多々ありました。しかし、戻ってからの事後報告会で学んだことを整理し、多くの人の前で発表をしたことは、頭や心の中を整理するのに大変役立ち、また高知県の災害看護を学ぶ方々と「自分たちに何が出来て、そしてどうしていきたいのか」を話し合うことで災害時に看護学生としてもできる事があることを学びました。 このプログラムを通じてメンタルヘルスの重要性を実感し、看護師として患者さんの心に寄り添うケアをしていきたいと思います。
  • 米国で行われていること全部が日本に適用できると思いませんし、どちらが良いとかの話ではありませんが、災害を通して学びあえることは沢山あると感じました。今回のプログラムでアメリカに看護学生協会があることや看護師資格を持つ方のキャリアの広がりを知ることもでき、学校を超えたところで学生同士学びあえる仕組みがあるのはいいなと思いますし、広い視野をもった看護師になりたいと思いました。

写真・動画

その他の写真については「TOMODACHI」サイトで 紹介しております。