ストーリー
フォローする
シェア
We are Johnsonian
高橋 健三(たかはし・けんぞう)
高橋 健三(たかはし・けんぞう)
シェア
ビジョンケア カンパニー

<プロフィール>
製薬メーカーのMRを経て1996年に入社。入社後、大学院にてMBA取得。千葉、仙台、福島、東京などで営業に約9年、エリアマネジャーに約8年半従事し、現在は人材育成と新製品戦略の導入を担うトレーニングマネジャーとして活動中。

セールスも、人材育成も、
「人を見る仕事」。

Q:

どんな仕事を
しているのですか?

A:

新卒採用から新製品や新戦略の導入、セールス研修を行うトレーナーの育成まで、人材育成に関わる業務全般が主な仕事です。私が所属するSales Force Effectivenessがめざすのは、戦略と実行をつなげて成果を上げるサポートを行い、営業力の最大化すること。マーケティング部門などが策定した戦略の認知・理解を徹底し、セールスの現場に生かすための様々なトレーニングメニューの構築と実践を進めています。

Q:

これまでに経験した
最大の困難・チャレンジは?

A:
expand

社員や家族も
大切に考える企業風土も
「我が信条 (Our Credo)」
の精神のひとつ。

まさに人を育てることです。たとえば社員のモチベーションが下がった時、その人に対する期待値が高いほど正論で話をしがちですが、どんな働きかけをすればよいかという判断には難しい場面も多くありました。セールスも人材育成も「人を見る仕事」である点は同じ。色々な顧客を見るように人を見て、互いの意図や背景、熱意などに配慮しながら進めています。

Q:

仕事で最も
「やりがい」を感じる瞬間は?

A:
expand

今年は子どもと
戦争の勉強も兼ねて
広島県へ。
厳島神社にて。

営業を担当していた当時、取引先から「歴代セールスで最も良かった」と感謝されたこと。現職では、かつて研修を担当した新入社員たちが高い評価を受け、リーダーシップを発揮するなど、成長した姿を見られた時に大きなやりがいを感じます。

Q:

趣味について教えてください。

A:

所属部門や新人研修に携わった仲間と懇親会をしています。同じ人材育成を担当する立場として、新人の成長を見守る喜びや苦労などを語り合うこともあります。プライベートでは、家族と過ごす時間を大切にしています。